海外版ぽんこつ美容師のぶろぐ

ぽんこつ美容師が思う事を書くブログ、美容師のことだったりお金のことだったり、旅のことだったり

Ponkotsu

Ponkotsu Hair dresser

海外版美容院でのオーダーの仕方(男性)

どうも、mojaです。

 

Moja@アメリカのポンコツ美容師 (@Mojaya1020) on Twitter

 

突然ですが海外在住の方。

髪の毛を切るので悩んだ事はないですか?

 

僕は日本人のお客様を担当させていただいてるのでよく悩んでいると聞きます。

 

日本人の美容院があればいいですが、そんな運が良い事はあまりないです。

 

後日本人の美容師は高い!!

(僕もその高いお金をいただいてるんですが、、笑)

 

という事で現地サロンでも失敗しにくいであろうオーダーの仕方を書いてみます。

 

 

まず、日本の美容師は技術が高い、海外の美容師は技術が低い、

 

と思われがちですが、海外の美容師方の技術は素晴らしいです。

 

特に男性の刈り上げや女性の方のカラーの技術は物凄いです。もはや職人技!!

 

ただ、

自分の求めている物と合致しない=技術が低い

 

と思われてしまいます。

 

基本的にその国の人の髪のことはその国の美容師の人が1番わかっています。

 

正直僕も日本人以外のことはあまりわからない場合が多いです。

 

ただオーダーの仕方で自分の理想に近づけることはできます。

 

1.イメージを見せる

 

言葉でどうこう言うよりもイメージを見せた方がはやいです。

ただイメージだけでは伝わらないことが多いのでそれを言葉でつたえます。

 

2.切りたい長さをつたえる

 

イメージを伝えたので美容師さんも少しはイメージは理解できたはずです。

ただ海外の美容師さんはバリカンを使うのを好みます。短くなりやすいのです。

なので切りたい長さを伝えましょう。

I would like to cut 2cm みたいな感じで。

 

刈り上げたくない場合は

Not shave や I don't like clipperって言うと刈り上げられないはずです。

 

刈り上げたいときも

not Army shave とか言うと短くなりすぎないです。

 

3. 梳きをしてくださいとちゃんと伝える

海外、特にアジア系以外のサロンは梳きを入れないです。

I need thinner. やthinner で伝わらないとかもあるのでCould you reduce my hair?? って言えばしてくれるはずです。

 

特に男性は後頭部とハチの辺りが重くなりやすいのでespecially hereって言って指差したりすると効果的です。

 

4.疑問に思ったらすぐに言う

日本と違って察するって文化はないです。

ちゃんと思ったことは言わないと大変なことになります。

言っていただいた方が美容師さんもありがたいですよ。

 

5.もみあげはナチュラ

特にアジア系以外の美容師さんはもみあげを四角くくします。

それが普通の文化になっています。

しかし日本人がするとテクノカットになってしまいます。

なのでNatural side burn please とか言うとナチュラルになります。

Side burn はもみあげのことです。

 

 

まとめ

  1. イメージを見せる
  2. 切りたい長さを伝える
  3. 梳きを入れくださいとちゃんと伝える
  4. 疑問に思ったらすぐに言う
  5. もみあげはナチュラ

 

以上で失敗は防げるはずです。

 

後は担当された美容師さんのセンスに委ねます。

 

健闘を祈っております。

 

次は難しいですが女性版も書こうかと思います