海外版ぽんこつ美容師のぶろぐ

ぽんこつ美容師が思う事を書くブログ、美容師のことだったりお金のことだったり、旅のことだったり

Ponkotsu

Ponkotsu Hair dresser

海外版美容院でのオーダーの仕方(女性)

こんにちは。Mojaです。

 

Moja@アメリカのポンコツ美容師 (@Mojaya1020) on Twitter 

 

待ちに待った、次は女性版。

 

これはねー、とても難しい問題です。

 

 

なぜなら、髪は女にとって

 

 

どこの国の人に聞いても同じ答えが返って来ております。

 

そして男性よりもスタイルの幅が広い。

 

それこそ。メンズに近いショートから黒髮スーパーロングまでありますからね。

 

ですがオーダーの仕方でなんとかなる場合もあります。

 

まずは下準備。

 

1.どんな髪型になりたいか。スタイルを見つける

 

相手よりもまず自分から、参考になるスタイルを探します。

なるべく自分の人種、髪色など自分ににあったものにして下さい。

たまにアジア人の方に白人の方のスタイルを見せられる事がありますが、

無理です。同じ形は切る事ができますが髪色、髪質で100%仕上がりが変わってきます。

 

 

2.スタイルを理解する

 

難しいですがすこしでいいです。ポイントで、

  • 髪の長さ
  • 毛先は軽いか重いか
  • 表面に段が入っているか
  • 前髪はあるかないか
  • あるならばどの長さか

これくらいで大丈夫です。

 

3.美容院を探す

できたら女性の方はアジア人の方をお勧めします。

経験上、白人の方の髪型と日本人の髪型は別物です。切り方も全く違います。

 

まだアジア人の方の方が近いので探して見ましょう。

 

 

 

下準備ができたらお店に行ってオーダー

 

 

1.スタイルを見せる

 

まずはここから、探してきたスタイルを見せます。

やはり画像があった方がイメージしやすいです。

先ほども言ったように自分の人種、髪色に合ったものがいいです。

 

2.長さを伝える

これがとても重要。海外の美容師さん、とても大胆な場合が多いです。言っとかないと100%切りすぎます。

 

これは3点ポイントがあります

 

言葉

 

毛先を切りたい時はjust trimと言って下さいあと髪の毛伸ばしてるとも言うと効果的。

伸ばしてる髪を切るなんておかしいですから。

 

長さを結構切りたい時はcutで大丈夫です。

 

単位

 

何センチ切りたいかを伝えます。できたら指でここまでって表したりするといいです。

 

因みにアメリカではセンチで通じない場合があります。インチです

1インチ役2センチって覚えておいて下さい。

 

体の場所

 

最後に体の場所、

僕が大体目安にしてるのは

 

鼻(nose)

 

口(mouth)

 

顎(chin)

 

鎖骨(collar bone)

 

胸(breast) 

 

これにabove,under, between をつければ大体目安ができます。

 

流石にこの3点を言えば理想のながさにちかづきます。

 

3.梳きをお願いする

 

アジア以外だと梳きの文化があまりないので日本のように梳いてはもらいにくいですが、、、

 

Inside thinner please

 

と言うと中を梳いてくれるはずです。

表面まで梳きがはいると毛羽立ったり跳ねたりしてします、中だけが効果的です。

 

 

4.自分の意見を言ってみる

 

下準備で理解したスタイルについて言ってみます。

拙い英語でも大丈夫なので言って見て下さい。

 

言う事が大切です。

 

そうすれば相手も歩み寄ってくれるはずです。

 

5.疑問に思ったら聞いてみる

 

わからなかったらすぐに質問してください。

 

これだけ話しても意見が食い違うことはあります。

 

海外の方は手が早いので手遅れになる前に聞いてください!

まとめ

 

  1. スタイルを見せる
  2. 長さを伝える
  3. 梳きをお願いする
  4. 自分の意見を言ってみる
  5. 疑問に思ったら聞いてみる

 

これでなんとか大丈夫なはず。

 

 

ただ女性の場合は本当に難しいです。

 

あとはこれも担当の方のセンスにゆだるしかないです。

 

検討を祈っております。