海外版ぽんこつ美容師のぶろぐ

ぽんこつ美容師が思う事を書くブログ、美容師のことだったりお金のことだったり、旅のことだったり

Ponkotsu

Ponkotsu Hair dresser

完全攻略キッズカット

どうも、ポンコツ美容師mojaです。

 

Moja@アメリカのポンコツ美容師 (@Mojaya1020) on Twitter

 

キッズカット。

 

多分スタイリストになって最初に回ってくる仕事。

 

両親に見守られた子供を切る。

 

ポンコツには耐えられないプレッシャーです。

 

なのでホールディングをされた中国人の子どもを切って、満足させた僕なりの攻略法をぜひ

 

1.子供と仲良くなる

 

まずは子供と仲良くなりましょう。

 

大人として接してしまってはダメ

 

子供は怖がります

 

なるべく視線を合わせて挨拶、で握手

 

これだけで大体友達になれます。

 

視線をあわせる

 

これ重要です、

 

見ず知らずのデカイ人に髪切られるって恐怖ですよね。

 

 

2.常に言葉を発する

 

気分は体操のお兄さん。

 

擬音語、擬態語ずーっと話しときます

 

子供をカットされてるって思わせないように。

 

むしろ遊んでもらってるって思わせれば勝ちです。

 

3.なるべく早く

 

ずっとじっとしてろって子供には難しいです。

 

なるべく早く終わらせてあげましょう。

 

子供を束縛から解放してあげるのです。笑

 

 

4.スタイリングで誤魔化してしまえ笑

 

時には上手く切れない時もあります。

 

そんなときは、

 

 

誤魔化す。

 

 

パーフェクトなスタイリングで誤魔化しましょう。

 

5.時には諦めも肝心

 

たまに、本当に切らせてくれない子もいます。

 

そんなときは無理に切ろうとしないで切らない。

 

 

それも大切です。

 

切らないことで子供は満足してくれます。

 

諦めも大切です。

 

まとめ

 

  • 子供と仲良くなる
  • 常に言葉を発する
  • なるべく早く
  • スタイリングで誤魔化してしまえ
  • 時には諦めも肝心

 

これが僕のキッズカット攻略法です。

 

美容師としてよりも幼稚園の先生みたいに接しましょう。

 

キッズを成功すればその親が指名してくれる可能性も高くなります。

 

 

是非おためしください。