海外版ぽんこつ美容師のぶろぐ

ぽんこつ美容師が思う事を書くブログ、美容師のことだったりお金のことだったり、旅のことだったり

Ponkotsu

Ponkotsu Hair dresser

実は少ないアメリカの祝日

どうも、ポンコツ美容師のmojaです

Moja@アメリカのポンコツ美容師 (@Mojaya1020) on Twitter

 

アメリカの人、すごく自由でたくさん休んでそうに見えますよね、

 

でもそれ、実は違うんです

 

アメリカの祝日

 

連邦政府が定める祝日(Federal Holidays)は次のとおりです。

1月1日(2日に振替)
元日
1月16日
キング牧師誕生日(1月第3月曜日)
黒人公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キングを記念する祝日
1月20日
大統領就任式
4年に一度のアメリカ合衆国大統領就任式の日は公休日になる。
2月20日
大統領の日(2月第3月曜日)
米国初代大統領ジョージ・ワシントンと、奴隷解放宣言を発布した大統領エイブラハム・リンカーンの誕生日を祝う祝日
5月29日
戦没者追悼祈念日/メモリアル・デー(5月最終月曜日)
米国のために亡くなったすべての戦没将兵を追悼する祭日
7月4日
独立記念日
1776年7月4日の独立宣言公布を記念する祝日
9月4日
レイバー・デー(9月第1月曜日)
労働者の日
10月9日
コロンブス・デー(10月第2月曜日)
クリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸発見を記念する祝日(ただし、カリフォルニア州ハワイ州などでは州の祝日ではない)
11月11日(10日に振替)
退役軍人の日/ベテランズ・デー
もとは第一次世界大戦の休戦(1918年11月11日)を記念する日。現在は復員軍人の日とされている。
11月23日
感謝祭/サンクスギビング・デー(11月第4木曜日)
1620年にイギリスから移住した移民ピルグリム・ファーザーズの最初の収穫を記念する祭日
12月25日
クリスマス

実はたった10日しかありません。驚きですよね

 

なんで休みが多く見えるのか

 

単純です。

 

休み方がうまいんですよね、

 

日本ではゴールデンウィークやお盆など

日にちでまとまって休みがありますが

 

アメリカでは平均20日くらいのバケーション休暇がもらえます。

 

それを分けて使うもよし、合わせて使うもよし。

 

個人で好きなように使えるので、長い期間休んで海外旅行などにもいけるわけです。

 

そしてバケーションをとる時が個人によって違うので日本のようにゴールデンウィークだから、お盆だからといって極端に宿や飛行機の値段が高くならないんです。

 

日本人からしたら画期的ですよね。

 

まとめ

 

サボっているようで実は仕事をしているアメリカ人

 

バケーションではカリブに行くのが流行りみたいですよ!